文字サイズ

ジャニーズ事務所 元SMAPめぐる圧力報道を否定「圧力などをかけた事実はなく」

 ジャニーズ事務所は17日深夜、元SMAPを出演させないようテレビ局に圧力をかけたという報道を、公式サイトで否定した。

 この日夜、マスコミ数社が、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに、解散したSMAPの元メンバーで現在は同事務所を離れている稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を出演させないよう圧力をかけた疑いがあり、公正取引委員会が独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、同事務所を注意したと報じた。一方で、公取委が違反行為を認定するには至らなかったと報じた社もあった。

 ジャニーズ事務所は「2019年7月17日報道に対するご報告」と題した2019年7月17日付の文面で「弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道についてご報告申し上げます」と、報道に対応。

 「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく」と圧力を否定し、「公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません」と、行政処分や警告も受けていないと説明した。

 その上で、「とはいえ、このような当局の調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」と、注意して活動していく方針を表明している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス