文字サイズ

石原裕次郎さん三十三回忌 まき子夫人「弔い上げ」明言 事務所解散報道は否定

 1987年に死去した昭和の大スター・石原裕次郎さん(享年52)の命日にあたる17日、神奈川県横浜市の總持寺で三十三回忌の法要が営まれた。約500人のファンが見守る中、裕次郎さんの妻で石原プロモーション会長・まき子夫人(85)、おいの石原伸晃氏(62)、俳優・舘ひろし(69)、神田正輝(68)、徳重聡(40)らが参列。法要後に会見が行われ、まき子夫人は、今年をもって弔い上げとすることを明らかにした。

 同夫人は、「30年という区切りにおきまして、故人が極楽浄土に参ると聞いておりまして、石原裕次郎も三十数年たちまして、やっと極楽浄土に行ってゆっくりできることになったのではないかと思っております」とあいさつ。「毎年、墓前で供養しておりましたけれども、7月17日、午前9時というのがだんだん困難になっておりました。私同様、ご年配の方々が多くなりまして、(墓のある)お山へ上がってくる道も大変困難になってきまして、そのように考えましても心配でございます。弔い上げと申しまして、30年を区切りに本日で終わらせて頂きます」と話し、一般的に供養の節目ともいわれる三十三回忌で、年忌法要を終えることを明言した。

 また、一部で石原プロの解散報道もあったが、まき子夫人は、「会社を最後とか締めるということは一度も申し上げておりません」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス