文字サイズ

TOKIO城島と松岡 ジャニーさんへの恩返しは「笑顔で頑張っていくこと」

 TOKIOの城島茂(48)と松岡昌宏(42)が12日、東京・恵比寿で「ふくしまプライド。」新CM発表会に出席。イベント終了後、報道陣に対応し、9日に解離性脳動脈瘤によるくも膜下出血のため87歳で亡くなったジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川さんについて、思いを語った。

 ジャニーさんが亡くなり、初めて公の場に登場した2人。松岡は「僕らがこういうふうに今日もそうですけどお仕事をさせて頂くことが、うちのジャニーに対する供養だと思ってますし、これからもジャニーに教えてもらったことを貫いていきたい」と神妙な表情ながらも毅然とした口調で切り出した。

 また、城島は「タレント一同、うちの社長に見いだされて、そのおかげでこの場所にいるもんですから、恩返しっていうのは、これからも自分たちが頑張っていくこと、単純でありきたりかもしれないですけど笑顔で頑張っていくこと。これがジャニーズの、アイドルの使命じゃないかと」ととめどない胸の思いを吐露。「エンターテイメントの思いとか、何を届ければいいのかとか、考えながらやっていきたい」と恩師の魂を受け継ぎ、仕事に邁進していくことを誓った。

 この日、ジャニーズ所属タレントたちが参列し「家族葬」が行われるが、「明るく笑って、しんみりしたのは苦手だと思いますので、笑顔で送り出したいと思ってます」と松岡。城島は「ジャニーズの子どもたち、ジャニーさんに見いだされたタレントが一同に集まるのは、なかなかない。最後の最後に粋な演出といいますか、最高の舞台を伝えてくれたと思う。楽しいっていったら普通は不謹慎なんですが、社長らしく、社長の子どもたちらしく、いい時間を過ごしたい。それが何より供養かなと思います」とかみ締めるように話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス