文字サイズ

中村勘九郎 親を失うことと同じ…ジャニーズ事務所のタレントの心境思う

 公演に向けて気合いが入る中村勘九郎=東京・汐留
1枚拡大

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)が10日、都内で「錦秋特別公演 2019」(10月8~23日まで全国14公演)の会見を行い、9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長を追悼した。

 数々の作品でジャニーズ事務所のタレントと共演し、嵐の松本潤(35)とは家族ぐるみの付き合いがある。残されたジャニーズのタレントたちに思いをはせ「親を失うことだと思う。僕も父を亡くしてますし、誰が言ったのか、恩返ししたいときに親はいない。いっぱいありがとうだと思うんです」と厳しい表情。ジャニー社長と直接的な交流はないが「素晴らしい人をいっぱい生み出してくれて、僕もいろんな人に会えたので、感謝を述べたいです」と偲んだ。

 弟の中村七之助(36)と全国を巡る特別公演は今年で15周年となり、ついに47都道府県を制覇。千秋楽の地・熊本は大河ドラマ「いだてん」で演じている伝説のランナー、金栗四三の故郷とあって「(撮影が)終わった報告を(金栗の)お墓に伝えることになると思いますし、うれしいですね」と縁を喜んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス