文字サイズ

ジャニー氏死去、87歳 くも膜下出血で…少年アイドル作った男、生涯プロデューサー人生に幕

 ジャニー喜多川さんが亡くなった
2枚

 ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川(本名・喜多川擴=きたがわひろむ)氏が9日午後4時47分、都内の病院で、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で亡くなった。87歳だった。6月18日にくも膜下出血で倒れ、救急搬送され、そのまま帰らぬ人となった。倒れる前日の6月17日までジャニーズJr.の公演のリハーサルなどを見学していた。生涯プロデューサーを貫いた87年の人生に幕が下ろされた。

 ジャニー氏は6月18日午前11時30分ごろ、自宅で体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ、意識を失い、救急搬送された。解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血だった。搬送後から意識が戻ることがなかったと言われている。

 搬送後は集中治療室(ICU)で治療を受けたが、その後、一般病棟に移ることができた。搬送当日から“後継者”の滝沢秀明氏をはじめ、木村拓哉、中居正広、嵐ら次々と所属タレントが駆けつけ、奇跡を祈った。

 病室には「子供たち」であるタレントたちの楽曲が流れ、年長のタレントからJr.までが同じ空間でジャニー氏との思い出を語りあった。片時もジャニー氏が寂しい思いをしないよう、という思いだったという。病室では食事のできないジャニー氏にかわり、見舞ったタレントたちが、ジャニー氏の好物を食べ、明るいことが大好きだったジャニー氏のためににぎやかに時を過ごした。

 危険な状態に陥ることもあったが、タレントたちが呼びかけ、体をさするたびに、危機を脱し、一時的に容体が回復するという奇跡のような出来事が繰り返し起こったという。

 ジャニーズ事務所は9日夜に発表した書面で「ジャニーは病に倒れる直前まで、劇場やスタジオに赴く日々を過ごしておりました。特に公演を目前に控えたJr達に、連日、熱心に指導する姿はジャニーのプロデューサー人生そのものであり、まさに生涯プロデューサーとしての人生を全ういたしました」と伝えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス