文字サイズ

テレビ大阪 土曜深夜の連ドラ第3弾は木竜麻生が天才バーテンダー役

 テレビ大阪の土曜深夜の連続ドラマ「真夜中ドラマ」第3弾として、女優・木竜麻生(24)が主演する「まどろみバーメイド~屋台バーで最高の一杯を。~」(土曜、深夜0・56)が7月13日から放送されることが12日、分かった。

 原作は週刊漫画TIMESで連載中のイラストレーター・パオの漫画デビュー作「まどろみバーメイド」。主演の木竜が演じるのは、屋台バーを営む天才テンダー・月川雪。風変わりな彼女の作るカクテルは誰かの心に忘れらない味を残す。雪と同居する2人の先輩バーテンダーのうち、騎帆を玄理(32)、日代子を八木アリサ(23)が演じる。

 屋台バーの店主・雪と高級ホテルのバー勤務の騎帆、派手なパフォーマンスを得意とするフレアバーテンダーの日代子が、一つ屋根の下で同居しながら成長いく様子が描かれる。3人のカクテルを作る姿は必見。毎回、多彩なゲストが屋台に訪れるちょっとワケありな客として登場する。カクテルの豆知識も要注目だ。

 連ドラ単独初主演となる木竜は「バーテンダーという難しい役柄をやらせてただくことになり、今まで知らなかったカクテルやバーテンダーの魅力に触れています。まだ探り探りではありますが、監督・スタッフ・キャスト・ご協力いただいてる皆さんと良いものにしていけたらと思っています」とコメントを寄せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス