文字サイズ

船場太郎氏 木村進さんの死を悼む「もったいないなぁ」

 思い出を語る船場太郎氏
1枚拡大

 19日に腎不全のため68歳で死去した元吉本新喜劇座長で喜劇俳優の木村進(きむら・すすむ、本名同じ)さんの通夜が21日、大阪市内でしめやかに営まれた。二代目博多淡海さんを父にもち、23歳の若さで新喜劇座長に就任した木村さんとの別れには、名コンビとしてファンを沸かせた間寛平(69)、池乃めだか(75)、元吉本新喜劇座長で元大阪市議の船場太郎氏(79)ら関係者100人が参列した。

 船場太郎氏は「新喜劇に新しいものを運んで来てくれた。倒れたのが若かったからね。もったいないなぁ…」と木村さんの死を悼んだ。通夜が行われた斎場近くで10年前、ばったり出会ったのが最後だったという。船場氏は、木村さんの父・二代目博多淡海の葬儀にも参列。「本当に寂しいこと…」とつぶやいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス