文字サイズ

桐谷健太 11年ぶりクドカンドラマ出演…大河「いだてん」で河野一郎五輪担当相役

新しくキャストとして発表された(左から)塚本晋也、薬師丸ひろ子、リリー・フランキー、阿部サダヲ、桐谷健太、麻生久美子、加藤雅也=NHK(撮影・三好信也)
3枚

 NHK大河ドラマ「いだてん 東京オリムピック噺」(日曜、後8・00)の新出演者発表会見が17日、都内で開かれ、俳優・桐谷健太(39)が11年ぶりに宮藤官九郎(48)脚本のドラマに出演することが明らかになった。

 桐谷はゼロ年代、宮藤脚本のドラマ「タイガー&ドラゴン」(2005年)、「吾輩は主婦である」(06年)、「流星の絆」(08年)にレギュラー、準レギュラー出演した常連。同時期には宮藤脚本の映画「69 sixty nine」(04年)、「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」(06年)にも出演している。

 その後も宮藤司会のバラエティー「おやすみ日本 眠いいね!モヤモヤ年忘れSP」(15年)、宮藤監督・脚本の映画「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」(16年)に出演し、映画「バクマン。」(15年)には共に俳優として出演したが、宮藤ドラマへの出演は途切れていた。

 桐谷が演じるのは政治家の河野一郎(1898~1965)。前半の主人公・金栗四三(中村勘九郎)を師と仰ぎ、早稲田大学時代は陸上の長距離選手として活躍する。後半の主人公で新聞記者・田畑政治(阿部サダヲ)とはライバルで、後に新聞記者から政界に転身。1964年の東京オリンピック開催に、副総理兼五輪担当相として尽力する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス