文字サイズ

長嶋一茂が衝撃告白 槙原の完全試合、実はセーフだった「俺のエラー」

 長嶋一茂
2枚

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が28日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「マルコポロリ!」に出演。1994年5月18日の広島戦で巨人・槙原寛己投手が達成した完全試合で、実は自分がエラーをし、広島側に「セーフだった」プレーがあったことを告白した。

 問題の場面は現・広島監督の緒方孝市氏がサードのライン際に放ったゴロで起こった。三塁手の一茂がバックハンドで捕ってファーストに投げたが、実は一塁手の落合博満氏の足がべースから離れており、「あれ、セーフだった」と衝撃告白した。

 当時の映像を改めて見たところ、審判が立っている位置からはちょうど落合氏の足が見えなかったそうで、「審判、離れてて見えないの」と説明。「俺のエラー。スローイングエラー。完ぺきにスローイングエラー」と告白し、「オチさんギリギリ腕を伸ばしてすごく上手く捕ってくれて。捕ってすぐセカンドに(投げて)。だから俺、また改めてオチさんに感謝してる」と笑った。

 ベンチでは四、五回から「パーフェクト」が話題にあがり、6回からは逆に誰も話題にしないほどの緊張感が漂っており、一茂は問題のプレーについて「緊張しちゃって、ボールが滑っちゃってスライドしたの」と反省していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス