文字サイズ

上白石萌歌「いだてん」で前畑秀子 体重7キロ増やした「心も体も近づけた」

撮影中のエピソードを語る上白石萌歌=東京・NHK放送センター(撮影・開出牧)
大河ドラマ「いだてん」新たな出演者発表&スタジオ取材会に登場した上白石萌歌(後方)。右から阿部サダヲ、三浦貴大=東京・NHK放送センター(撮影・開出牧)
大河ドラマ「いだてん」新たな出演者発表&スタジオ取材会でポーズを決める(前列左から)上白石萌歌、阿部サダヲ、斎藤工、皆川猿時、(後列左から)トータス松本、三浦貴大、林遣都、大東駿介=東京・NHK放送センター(撮影・開出牧)
3枚3枚

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の後半、阿部サダヲが主演を務める第2部の出演キャスト発表が24日、東京・渋谷の同局で行われた。

 1932年・ロサンゼルス五輪、36年・ベルリン五輪を中心に描かれ、阿部が日本水泳界の黎明期を支えた田畑政治を演じる第2部。「前畑、ガンバレ!」の実況で有名な、日本女性で初めて金メダルを獲得した女子水泳の前畑秀子を上白石萌歌が演じることが発表された。

 上白石は「誰しもご存じの日本女性初の金メダリストですので、撮影の3カ月前からトレーニングをはじめました」と話し、「体型に説得力をもたすため、体重も7キロくらい増やし、前畑さんをウソなく演じられるよう、心も体も近づけました」と明かした。

 「ただの増量でなく筋肉をつけ、水中トレーニングと陸上トレーニングで全身筋肉痛になって動けなくなったこともありました」と振り返り「ヒサロに行ったり、夜にナポリタン食べたりは楽しかったです」と笑顔で語った。姉の萌音から「最近、机の上にあるお菓子の袋とかの量が違う」と驚かれたという。

 ドラマでの役柄について「天性の才能の方でも五輪前には緊張する、人間くささも描かれていて、すてきだ思います」と語った。

 「がんばれ」実況を行った河西三省をトータス松本が演じる。

 また斎藤工、三浦貴大、林遣都、大東駿介、皆川猿時の出演が発表された。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス