文字サイズ

春日、ピアノ演奏で求婚!陣内彷彿も「ピアノは悪くない。歴史止まってた」

 クミさんの似顔絵を手に会見するオードリーの春日俊彰=TBS
1枚拡大

 お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰(40)が18日、10年前から交際していた同い年の女性「クミさん」との結婚を宣言し、都内で会見した。

 同日にTBS系「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」で春日のプロポーズに成功した様子が放送された後に取材対応し、超節約家である性格や、自身が住む家賃3万9000円の「むつみ荘」にも引かなかったというクミさんについて「普通、10年待つの無理ですよね。待たせてごめんってとこですね。いい女だなと思いました」としみじみと語った。

 プロポーズ企画では春日が人気デュオ・ゆずの協力を得て、ピアノで「栄光の架橋」を演奏した。

 会見で、おめでたい席でのピアノは2007年の藤原紀香との結婚披露宴でピアノ演奏した陣内智則を彷彿とさせられると聞かれると、春日は「それは多少ありましたけど」と認めたうえで「ピアノに罪はない」と笑わせた。

 「人と人の縁は良いも悪いもありますが、ピアノの歴史があそこで止まってしまってますから。ピアノが悪者になってると憂えてましたので、もう1回、時計の針を進めようかなと思いました」と挑戦した経緯を説明した。

 2008年のM-1グランプリ準優勝で注目が集まる中、2人は09年に写真誌「フライデー」にキャッチされた。その後は破局したと説明したうえで、相方の若林正恭(40)にも告げずに密かに交際を続けていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス