文字サイズ

高見沢王子「Knight」になった サンマリノ共和国「騎士称号」授与

 THE ALFEEの高見沢俊彦(64)がイタリア半島中部のサンマリノ共和国から「騎士称号」を授与され、3日、都内で行われた授与式に出席した。“王子”と呼ばれてきた高見沢が本物の「騎士(Knight)」となり、「今年はデビュー45周年の節目の年。王子からナイトなんで信じられない出来事の一つ。長くやってきて良かった。長生きして良かった」と喜びをかみしめた。

 授与されたのは、同国に協力した人や、人道・科学・芸術文化の分野で広く貢献した人に贈られる「聖アガタ騎士団のナイトの勲章」。5段階の中から「Cavaliere ufficiale(カヴァーリエーレ・ウフィチャーレ)」の称号が与えられた。

 同国との交流はマンリオ・カデロ大使の本を読んだことに始まり、昨年、初訪問。風光明媚(めいび)でアドリア海が見えると期待していたが「大雪で何も見えませんでした」。とはいえ「町の雰囲気を感じることもできたし、お会いした方が優しかった」という。

 関係をより深めるため、同国は今年から2カ所のブドウ畑を「Vigna Takamiy」とし、高見沢に提供。高見沢は将来的に日本で発売するつもりで「赤も白も作ります。いいワインができると期待しています」と夢を膨らませた。

 今回の授与は坂崎幸之助と桜井賢には報告しておらず、「テレビ好きの桜井はテレビ見て驚くんじゃない?」と苦笑。最後に「王子というニックネームも若い世代の方が…こんなジジイが言われてもね。今後はナイトで!」とお願いしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス