文字サイズ

修造娘・稀惺かずと、華麗なる巣立ち!宝塚音楽学校卒業式 4・19初舞台

 卒業式に臨む稀惺かずと(手前)ら卒業生=宝塚音楽学校(撮影・持木克友)
3枚

 タカラジェンヌを育成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)で1日、105期生の卒業式が行われた。同日午後の宝塚歌劇団入団式を経て、スポーツキャスターでタレントの松岡修造(51)の長女で、阪急・東宝グループを創業し、宝塚歌劇団創設者である小林一三氏の玄孫・稀惺(きしょう)かずとら40人がタカラジェンヌへの第一歩を踏み出した。また松岡も、ブログで愛娘の旅立ちを祝福した。

 「はいっ」。同期40人中、11番目に名前を呼ばれた稀惺はよく通る声で返事をすると、親戚でもある小林校長から卒業証書を受け取った。母で元テレビ東京アナウンサーの恵美子さんが見守るなか、式典中はハンカチで涙を抑えるシーンも。だが後輩の予科生からブーケを受け取るときには、修造そっくりの明るい笑顔に。式後には「やる気!元気!105期!」と同期で声をそろえて記念撮影にも挑んだ。

 稀惺はスラリとした立ち姿で、涼やかな目元が印象的。2月下旬に行われた卒業公演の「105期文化祭」で上演された『黒い風の物語』では、主人公を演じた。貴公子のような上品な面立ちだが、パンフレットに好きな言葉は『心に炎』と記すなど、熱いハートは父親譲り。授業を完全出席し、特別皆勤賞を受賞した。

 角和夫理事長は「今年は奇跡が起きた。例年は数人しかいない特別皆勤賞が24人もいた。皆勤賞も13人と、舞台人としての体調管理と、同期の絆のたまもの」と祝辞を述べた。小林校長も「これから壁が立ちはだかるかもしれないが、壁の向こうに輝ける未来が待っていると信じて努力してほしい」とあいさつした。

 105期生は4月19日に宝塚大劇場で開幕する宙組「オーシャンズ11」で初舞台を踏み、ラインダンスを披露する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス