文字サイズ

松岡修造娘が宝塚音楽学校合格! 華麗な系図とは 歌劇団創業者、サントリー元会長

 松岡家の家系図概要
1枚拡大

 タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)の105期生合格発表が30日、同校で行われ、スポーツキャスターでタレントの松岡修造(49)と、元テレビ東京アナウンサー田口恵美子さん(51)の長女・恵さん(17)が夢への切符を手にした。今年は26・1倍の難関で、40人が合格した。

 恵さんは169センで、父親譲りの涼やかな目元が印象的。合格者の番号が掲示されると、涙を浮かべていた。初めての受験で見事合格。発表直後は緊張した様子だったが「見て下さる方に、清々しい気持ちになって頂ける男役になりたい」とキッパリ。付き添っていた母の恵美子さんも「常に感謝を忘れないタカラジェンヌに」と娘の合格に目を細めた。

 父の松岡は「娘には、創始者である小林一三さんのお言葉、『清く、正しく、美しく、朗らかに』を心に日々邁進してほしいと願っています」と父としての思いを吐露した。このコメントにさりげなく出てきた“小林一三さん”は宝塚歌劇団など阪急東宝グループを創業した人物で、松岡の曾祖父にあたる。小林一三以外にも、先祖には貴族院議員を務めた人たちなど、きら星のように並ぶ。

 松岡の父の松岡功氏は東宝の名誉会長、兄・松岡宏泰氏は東宝東和会長、姉の夫は辻調理師専門学校校長で辻調グループ代表の辻芳樹氏。小林公一阪急阪神HD常任監査役はいとこにあたる。姻戚にはサントリー元会長の鳥井信一郎氏や三菱銀行の取締役などがおり、まさに華麗なる一族。

 また恵さんはタカラヅカを目指したきっかけとして「蘭寿とむさんが主演した花組『ファントム』を見たから」と明かした。この元花組トップスターの蘭寿は、松岡修造のいとこの妻にあたる。松岡の母も“千波静”の名前で活躍した元タカラジェンヌで松岡は「僕自身、宝塚歌劇団を小さい頃から、また現役中も観劇していましたが、僕を含め沢山の人に元気と幸せを与えてくれる場所だと思っています」とコメントを寄せている。

 松岡は娘の合格に「父親としての一番の願いは、健康に、そして僕のように周りの人たちに迷惑をかけないで、感謝の思いを大切に自分の道を歩んでほしいです。宝塚の血が流れる父、松岡修造」と熱いエールを送った。

 宝塚音楽学校には、今年は海外からも含む1042人が受験。入学式は4月18日。恵さんも、2年後の初舞台に向け、声楽やダンスなど厳しいレッスンに励む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス