文字サイズ

北島三郎 船村徹さん三回忌、師匠と亡き次男思い涙で声詰まらせる

三回忌法要の祭壇の前で生前の船村徹さんとの思い出を語る北島三郎=東京都内のホテル(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 2017年2月16日に心不全のため死去した作曲家の船村徹さん(享年84、本名・福田博郎)の三回忌法要が16日、都内のホテルで営まれ、歌手の北島三郎(82)、鳥羽一郎(66)、五木ひろし(70)、大月みやこ(72)、島津亜矢(47)、松原のぶえ(57)ら140人が参列した。祭壇は桜30本など春らしい花500本で飾られ、船村さんの長男で作曲・編曲家の蔦将包氏(56)と妻の福田佳子さん(79)に続き北島が来賓としてあいさつした。

 北島は「あっという間の三回忌。月日がたつと悲しみが薄れてくるといいますが、歌手の師匠と、1年ほど前に大事な息子を亡くしまして、月日がたっても思い出がよみがえり、悲しみがこみ上げてきます」と声をつまらせながら、船村さんと昨年2月に亡くなった次男・大野誠さん(享年51)をしのんだ。

 会場には船村さんが愛用したスーツ、ネクタイ、帽子、ぐい飲みなど120点の遺品が展示され、参加者に抽選という形で“形見分け”された。会の終わりには、船村さんの内弟子5人(鳥羽、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾)が「師匠」を合唱した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス