文字サイズ

嵐、大野休養へ 2020年末で無期限活動休止…ファン悲鳴 

和やかな雰囲気で会見する嵐。左から相葉雅紀、松本潤、大野智、櫻井翔、二宮和也=港区のジャニーズ事務所(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 人気グループ・嵐が、2020年12月31日をもって活動休止することが27日、分かった。5人は、午後5時にジャニーズ事務所の会員制サイトに動画をアップし報告。同日午後8時から同事務所で約80分間の会見を開いた。休止に至った経緯として、リーダーの大野智(38)が芸能活動を休止することで、グループとしても活動をストップさせると説明した。節目の20周年に明らかになったメンバーの電撃決断は、列島に衝撃を走らせた。

 無数のフラッシュを浴びた5人は、吹っ切れたようなすがすがしさを浮かべていた。カジュアルなジャケットに身を包み、笑みをたたえて登場。大野は休止の決断を報告した。

 大野が初めてメンバーに休止を持ちかけたのは、一昨年6月16日。夜、大阪での仕事を終えた後に、ホテルの部屋で伝えた。その裏には「何事にも縛られず、自由な生活をしてみたい」というスーパーアイドルならではの思いを抱えていた。

 二宮和也(35)は「衝撃でした」、相葉雅紀(36)は「ひっくり返りましたよ」と驚きは隠せなかった。それでもメンバーに共通していたのは「5人じゃなければ嵐じゃない」という強いこだわりだった。18年2月に事務所に相談。同6月に休止という結論を出した。

 ここに至るまで、何度も話し合いを重ねた。相葉は不仲説を否定。櫻井翔(37)は「誰か1人の思いで嵐の将来を決めるのも難しいし、何人かの思いで1人の人生を縛ることはできない」と、背中を押した思いを口にした。大野は「メンバーに『最後まで笑っていよう』と言われたときは、ヤバかった…。嵐で良かったな」と思わず涙ぐんだ。

 大野は当初、「ケジメがつかない」と、活動休止をもってジャニーズ事務所退所の意思を示していたが、メンバーや関係者の慰留もあり、所属は続ける。4人はグループ休止後もソロ活動を続ける。

 休止まで約2年も間隔がある異例の発表について、櫻井は「時間をかけてファンの方に感謝の気持ちを伝えたい。スポンサーやお世話になっているスタッフの方に納得いく形で」と言及した。

 松本潤(35)は「解散ではないです」とあくまで休止であることを強調し、将来的な活動再開への含みを持たせた。大野も「ビジュアルや体形はキープしていこうと思う」と笑わせた。その一方で松本は、「感情論だけで言えるものでもない。再開できたらいいなと思いますけど、先のことは正直明言できない」と言葉を濁した。

 「嵐とは永遠に輝き続けるもの」と大野。99年に「世界中で嵐を巻き起こす」という野望を込めデビューし、20年間で国民的存在にまで上り詰めた5人は、新たな道へと歩み出す区切りのときを迎えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス