文字サイズ

嵐が活動休止 相葉雅紀、メンバー不仲説を一蹴「仲が悪くなった訳ではない」

 国民的人気グループの嵐が2020年12月31日をもって活動休止することが27日、分かった。公式ホームページで明らかにした。グループにはネット上などで不仲説もあったが、相葉雅紀は「決して仲が悪くなった訳ではありません」ときっぱり否定した。

 相葉は「5人で嵐だという気持ちが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては嵐と名乗ってグループ活動をするのは難しいと思いました」と大野の提案を受け入れるに至った心境を明かした。

 個性の強いメンバーがそろった嵐。それだけにグループとしての存在感は強まったが、同時にファンの間ではメンバーの不仲説がついてまわった。これについて相葉は「嵐のことが大好きです。嵐のためなら何だって出来ます」「決して仲が悪くなった訳ではありません」と訴えた。

 二宮和也もまた、「最初に話を聞いた時は驚きました。想像もしていなかったので」と大野が2017年6月中旬にメンバーに気持ちを明かした時の衝撃を訴えた。

 櫻井翔も「20年以上共に歩んできた、大切な大切なメンバー」と表現。松本潤も「5人で団結して最後まで走るので、ついてきて頂けたらうれしいです」と20周年ツアーを団結して駆け抜けることをファンに伝えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス