文字サイズ

嵐 2020年12月31日をもって活動休止…大野「区切りの年にたたみたい」

 嵐
1枚拡大

 国民的人気グループの嵐が2020年12月31日をもって活動休止することが27日、分かった。公式ホームページで明らかにした。嵐は1999年にCDデビュー。今年は20周年として、5大ドームツアー「ARASHI Anniversary Tour×20」を実施している。記念の年に明らかになったメンバーの決断に、列島に衝撃が走った。

 ホームページでメンバー5人が集結。リーダーの大野が中心に座り「たくさんの話しあいを重ね、2020年12月31日をもって活動休止することになりました」とファンに報告した。大野は経緯について、17年6月中旬にメンバーに集まってもらったことを明かした。その時に「2020年での活動をもって嵐としての活動を終えたい」と自身の考えをメンバーに伝えたという。

 グループ結成20周年という区切りでもって、グループとしての活動をたたみ、5人それぞれの活動に意向することを提案したという。

 櫻井翔(37)は「メンバーそれぞれと何度も会い、5人でたくさんの話し合いを重ねました」「数え切れないほどのたくさんの夢を見させてもらいました」とファンに感謝。

 相葉雅紀(36)は「決して仲が悪くなったわけではありません。嵐のためなら何だったできます」と不仲説を否定した。

 二宮和也(35)は「最初に話を聞いたときは驚きました。想像もしていなかったので。2020年の最後の最後まで嵐らしく過ごしていけるようこれからも5人で頑張っていきます」と訴えた。

 松本潤(35)は「ずっと話し合いを重ねてこのような結果に至りました。5人で団結して最後まで走るので、ついてきて頂けたら幸いです」とファンに求めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス