文字サイズ

上地雄輔 玉木宏のいたずらに「耐えながらの楽しい現場」

会見に出席した玉木宏(左)と上地雄輔=東京・NHK
2枚

 俳優の玉木宏(39)が18日、都内で、NHK BSプレミアムの主演ドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」(2月3日スタート、日曜、後10・00)の会見に俳優の上地雄輔(39)と出席した。

 ドラマは、元神戸新聞社記者の塩田武士氏(39)の小説が原作。挫折を味わった将棋担当記者(玉木)がプロ棋士へ再挑戦を目指す男(上地)と出会い、将棋界の世界に引かれていく様子を描く。

 20代から付き合いがあるという上地とは初共演で「この作品でタッグを組めたのは、非常に楽しい時間でした」と喜んだ。

 一方の上地も「いつか肩を並べてやりたいと思っていた人と仕事できた」と笑顔を見せたが、「(玉木に)すごくいたずらされていじめられた。毎回現場で僕の靴がなくなっていた。いじめに耐えながら楽しい現場を過ごせました」とジョーク混じりに感謝すると、玉木は「やめなさい!」と大慌てだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス