文字サイズ

NGT・山口真帆 暴行被害発覚翌日に公演登場…劇場騒然 “爆弾発表”謝罪

 アイドルグループ・NGT48が10日、新潟市のNGT48劇場で「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」を開催。昨年12月に男性ファンに自宅に押しかけられる被害を受けていたことが9日に明らかになった山口真帆(23)が出演した。終演後には、NGT48の運営のAKSがコメントを発表。山口の暴行事件騒動に、NGT48のメンバー1人が関わっていたことを明らかにした。

 山口はこの日、ステージに登場し、騒動について直接ファンに報告した。

 ユニット曲「てもでもの涙」で、柏木由紀(27)とのデュオで登場。必死に歌い踊る山口に向け、客席からは山口の愛称である「まほほん」コールが何度も飛んだ。

 歌い終わると1人でマイクの前に立ち、声を震わせながら「お騒がせしてしまって、申し訳ありません」とSNSでの“爆弾発表”を謝罪。続けて「NGT48が新しい方向に向かえるように、私もチームGの副キャプテンとして努力します」と活動を続けていく意欲も示した。関係者によると、山口は自らの意思でこの日の出演を決意したという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス