文字サイズ

クロちゃん公開“収監”中止 警備にスタッフ7人だけ…「水ダウ」また攻めすぎた

 おりには黒い幕がかけられていた…
1枚拡大

 26日に放送されたTBS系バラエティー「水曜日のダウンタウン」(水曜・後10・00)で、お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃん(42)をおりに閉じ込めて“公開”する企画を実施したところ、同日深夜に、会場の東京・としまえんに若者らが殺到し、周囲が大渋滞するなど110番が相次ぐ騒動となった。企画は深夜に中止となり、TBSととしまえんは27日、謝罪コメントを発表。デイリースポーツの取材で、警備に付いていたスタッフはわずか7人しかおらず、集客の想定の甘さが明らかになった。

 発端は、「水曜日の-」の人気コーナー「モンスターハウス」だった。クロちゃんを含む6人の男女がシェアハウスで共同生活を送る“テラスハウス風”恋愛リアリティ企画。26日は、タレントの莉音(21)に告白してフラれた直後にモデルの蘭(23)に告白したクロちゃんの行動が「許せる」か「許せない」かを生放送で視聴者投票で決めた。「許せない」が95%となりクロちゃんの“収監”が決定。タレントのたむらけんじ(45)が「ぜひ見に来てください」とアピールしていた。

 TBS広報部によると、27日午前0時15分頃からとしまえんの無料開放を開始。開門前に約200人が集まっていたという。同0時20分頃には近隣住民からの110番が相次ぎ、警察官が出動。ツイッターなどには人が押し合い「痛い!」と声が飛び交う映像や、自動販売機の上に乗り暴徒化する若者の様子がアップされた。

 しかし、その後も人は集まり続け、同1時10分には入場を中止した。それでも混乱は収まらず、危険と判断した警官がTBS側に申し入れ、同午前2時半頃に中止が決定した。

 デイリースポーツの取材に対し、としまえん広報は、としまえん側はイベント運営には直接関わらず、TBS側のスタッフわずか7人で警備・誘導などを行っていたことを明かした。

 騒動から一夜明け、TBSは「予想を超える多くの方々が集まり、混乱を招いたためイベントを急きょ中止しました。ご迷惑をおかけした皆さまに深くおわび申し上げます」。一方、としまえんも「近隣の方々に大変なご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 同番組は過激な企画が人気だが、今年6月に、コロコロチキチキペッパーズのナダル(34)を路上で車に押し込むシーンを撮影して「誘拐では」と110番通報が殺到するなど“攻めすぎ”てしまうことがある。ただ、クロちゃん自身はこの日、ツイッターで「脱獄したしんよー!」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス