文字サイズ

「金八先生」加藤優役・直江喜一 赤木春恵さんに感謝「母親のよう」

 直江喜一
1枚拡大

 人気ドラマ「3年B組金八先生」「渡る世間は鬼ばかり」などで活躍した女優の赤木春恵(あかぎ・はるえ、本名小田章子=あやこ)さんが29日午前5時7分、心不全のため、都内の病院で亡くなった。所属事務所が同日発表した。94歳。

 赤木さんの突然の訃報に「3年B組金八先生」の第2シリーズで不良生徒・加藤優(まさる)を演じた俳優・直江喜一(55)はこの日、デイリースポーツの取材に「母親のように気に掛けていただきました。感謝しかありません」とコメントした。

 赤木さんを「校長先生」と呼び、赤木さんからは「優」と呼ばれていた直江。金八先生での放送室立てこもりシーンの直前に「加藤優の思いを込めて、普通にやればいいのよ」とアドバイスを受けたことを明かした。「その言葉で落ち着いて撮影に入ることができました」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス