文字サイズ

稲村亜美 左足首骨折もギプス姿でカレンダー発売記念イベント

ギプス姿で登場した稲村亜美=都内
2枚

 タレントの稲村亜美(22)が18日、都内で2019年カレンダーの発売記念イベントを行った。

 稲村は、10日夜帰宅中に左足をひねり、11日に病院で診察を受けたところ、左足の腓骨骨折が判明。イベントに、左足首にギプスをつけて姿を現すと、「不注意で転倒して、まさか折れていたとは思わなかった。たくさんの方に迷惑をかけて申し訳ないです」と頭を下げた。

 18日夜に都内の病院に入院し、19日に手術を受ける予定というが、「左足以外は元気なので、この日を心待ちにしていた。(イベントに参加するファンの)皆さんに元気をもらいたい」と笑顔を見せた。

 自己最速103キロを記録するなど始球式タレントとして活躍しているとあって、報道陣からは「平成最後の神スイングは見られないのか」と質問が飛んだ。これには「ギリギリ見られると思います。故障者リスト入りって言われているので、戦力外にならないように牛乳・ヨーグルトをとって(リハビリを)頑張りたい」と“現場復帰”を意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス