文字サイズ

今年の「ガキ使」は「笑ってはいけないトレジャーハンター」 打倒紅白にパワーアップ

 「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時」に出演する(左から)よしもとクリエイティブ・エージェンシー・藤原寛社長、月亭方正、ココリコ・遠藤章造、田中直樹、ダウンタウン・松本人志、浜田雅功(C)NTV
 「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時」に出演する(左から)月亭方正、松本人志、遠藤章造、浜田雅功、田中直樹(C)NTV
2枚2枚

 大みそか恒例の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の特別企画「笑ってはいけない」シリーズが、今年も13年連続で放送されることが14日、分かった。今年のテーマは「トレジャーハンター24時」で、12月31日午後6時30分から6時間の年越し放送となる。大みそかの夜に除夜の鐘をかき消す「アウトー!!」の声が響き渡る。      

 紅白歌合戦の“最強の裏番組”がさらにパワーアップして帰ってきた。昨年まで8年連続で、紅白の裏番組で最高視聴率をたたき出した「笑ってはいけない」シリーズで、13回目となる今年は「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時」が放送される。

 不動のレギュラーであるダウンタウン・浜田雅功(55)、松本人志(55)、月亭方正(50)、ココリコ・遠藤章造(47)、田中直樹(47)の5人は今月上旬、関東地方の廃校になった学校2校を貸し切りロケを敢行。例年以上の爆裂トラップに5人は翻弄(ほんろう)された。

 特別出演のゲスト陣も今年はさらに豪華だ。今が旬の女優が“伝説のスケバン”に扮して登場し、メンバーの秘密を大暴露。さらに、アカデミー賞受賞の若手女優が、メンバーとガチンコの「面接練習」を行う。舞台となる「ヘイポー財団法人お豆考古学研究所」の所長は超大物タレント。大物落語家や有名文化人、さらに驚きの超大物アスリートも登場するなど、常連、初参戦入り乱れたスターたちが、平成最後の「笑っては-」を彩る。「驚いてはいけない」コーナーもリニューアルしパワーアップだ。

 浜田は「けが人も出ずにね、無事に終われまして、まぁ若干“山ちゃん”(月亭方正)が気になりますけども、良かったと思います」。松本は「まぁ最初、何がトレジャーハンターや、とか思ってたんですけど、こうやってみんなで一緒に送れたことが、何よりも宝物やったんかなと思ってますわ」とコメント。あえて淡々とした言葉の裏に、壮絶なロケの苦労をしのばせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス