文字サイズ

出川哲朗 イッテQ騒動で神対応、退場後に自ら再登場「面白いもの作ろうと…」と説明

 タレントの出川哲朗(54)が12日、都内で自身が出演する「ニチガス新CM」の会見に出席。レギュラー出演する日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑について、「(宮川)大輔のチームもスタッフさんも、純粋に面白いものを作りたいという思いでやっている」と当事者となってしまった宮川大輔(46)やスタッフを気遣った。

 出川はイベント後、報道陣に「イッテQ!」について質問され、「僕はリアルで…班(グループ)が違うので…」とコメント。ここでイベントの関係者が、カーテンを引き、“幕引き”を図った。しかし、カーテンの向こう側から、出川の「班が違う(で終わる)のも嫌だなぁ」という声が聞こえ、約10秒後に退場したはずの出川が再び姿を見せた。

 出川は、「イッテQ」について「面白いものを、スタッフさんも大輔も、とにかく作っていく、って気持ちで頑張っている。(番組には)いろんなグループ(班)があるので、僕のチームと大輔のチームも純粋に面白いものを作りたい、という思いでやってますので」と番組に対する愛情を懸命に伝えた。

 そして「海外に(ロケに)行って、温泉が熱湯だと聞いていたのにそんなに熱くなかったこともある」と自身の体験から、多少の“演技”をしたことも正直に告白。ここで関係者から制止され、退場した。

 関係者から「質問はイベントに関することだけで」と制止されるケースは多いが、出川のように、いったん退場後に、自らの意思で再登場し、報道陣に自らの言葉で説明することは珍しい。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス