文字サイズ

高瀬アナ「まんぷく」の由来を最近知る 和久田アナもネットも「ええ?」

 NHKの高瀬耕造アナウンサーが7日、同局の「おはよう日本」の“朝ドラ送り”で、連続テレビ小説「まんぷく」のタイトルの由来に気づいたのが「つい最近」と告白。和久田麻由子アナウンサーだけでなく、ネットからも「ちょっと遅い」と突っ込まれている。

 「おはよう日本」恒例となりつつある朝ドラ送り。高瀬アナはエンディングで「このあと『まんぷく』です。毎日私たち、応援させてもらってますが」と切り出すと、そこから驚きの発言が。

 「実は、まんぷくの『まん』は、萬平さんの『萬』、ふくは『福ちゃん』の『福』って気づいたの、つい最近なんですよね」と、タイトルの由来にずっと気づいていなかったことを打ち明けた。

 これには横にいた和久田アナも「ええ?ちょっと遅い」と苦笑して突っ込んだ。

 「まんぷく」のタイトル由来は、モデルとなった安藤百福、仁子夫妻の「世の中の人をまんぷくにしたい」という意味もあるが、萬平と福子の名前も由来している。

 連日、「まんぷく」の朝ドラ送りをしている高瀬アナのまさかの告白に、ネットからも「今頃気づいたの!?」「気づくの遅いw」「ええええええ?今頃?」「今更気づいた高瀬アナ」の声も。一方、高瀬アナ同様、気づいていなかった視聴者もおり「高瀬アナの言葉でまんぷくの由来を知る(笑)」「自分もまんぷくが二人の名前にかかっているのを今、知った」という声もあがっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス