文字サイズ

津川雅彦さんに国際交流基金特別賞 娘・真由子は感激「父は喜んでいると思う」

 特別賞を受賞し、安藤裕康理事長(左)から賞状を授与される真由子=ホテルオークラ東京(撮影・西岡正)
1枚拡大

 8月に亡くなった俳優の津川雅彦さん(享年78)に対し、16日、独立行政法人の国際交流基金から「国際交流基金特別賞」が贈られた。都内で行われた授賞式には津川さんと、妻で4月に死去した女優・朝丘雪路さんの長女で女優の真由子(44)が代理出席した。

 津川さんは日本文化による世界平和への貢献を提唱し、「日本博」を提案。仏で開催中の「ジャポニスム2018」として実現した。

 和服姿で登壇した真由子は「父は日本が大好きで、日本を誇りに思っていて、日本人で良かったと口ぐせのように言ってました。日本の美・価値観を世界に広めたいという夢を持ってました。(実現して)父は身に余る光栄と喜んでいると思います」と言葉に詰まりながらあいさつした。

 式後は、立て続けに両親を失ったことについて「ある意味、子孝行な親。(普通は)2回苦しまなきゃいけない中、1回の苦しみでどうにか乗り越えられそう」と目を潤ませた。両親のお別れ会は「考えております」と話すにとどめた。また、俳優・友山裕之助(45)との結婚報道には口を開かなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス