文字サイズ

津川雅彦さん長女 父に代わって出席…国際交流基金特別賞、「喜んでいると思う」

津川雅彦さんの代理として安藤裕康理事長(左)から特別賞の賞状を受け取る真由子=ホテルオークラ東京(撮影・西岡正)
1枚拡大

 8月に死去した俳優の津川雅彦さん(享年78)に対し、独立行政法人の国際交流基金から「国際交流基金特別賞」が贈られることになり、16日、都内で授賞式が行われた。

 津川さんは日本文化の力で世界平和に貢献することを提唱し、「日本博」を提案。フランスで開催中の、今世紀最大規模の日本の文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018」として実現した。国際交流基金賞は存命の人物に授与されることから「特別賞」になったという。この日の式には、津川さんと妻で4月に亡くなった女優・朝丘雪路さん(享年82)の長女で女優の真由子(44)が、本名の加藤真由子として代理出席した。

 式では、3月に津川さんが出演し、「ジャポニスム-」への思いを語ったテレビ朝日系「徹子の部屋」の映像が流された。また、津川さんが亡くなる2週間前に国際交流基金本部を訪れた際、7月の「ジャポニスム-」開会式が成功だったと伝えられると大喜びしていたことが明かされた。

 和服姿で登壇し、賞状を受け取った真由子は「父は日本が大好きで、日本を誇りに思っていて、日本人で良かったと口ぐせのように言ってました。日本に昔から伝わるもの、現代の文化芸術、日本の美・価値観を世界に広めたい、興味を持ってもらいたいという夢を日ごろから持ってました」と明かし、“実現”に感謝すると「父の生きた功績がこのまま生き続けるんだなと、すごくうれしく思います。名誉ある賞をいただき、父は身に余る光栄だと喜んでいると思います」とあいさつした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス