文字サイズ

勝谷誠彦氏が退院 「重症アルコール性肝炎」から奇跡の回復…重篤状態脱す

 勝谷誠彦氏
1枚拡大

 8月に激しい腹痛を訴えて緊急入院し、一時重篤な状態にあったコラムニストの勝谷誠彦氏(57)が9日に都内の病院を退院したことが10日、分かった。

 関係者によると勝谷氏は「重症アルコール性肝炎」と診断され、入院当初はICUに入り非常に危険な状態にあったというが、治療で奇跡的な回復をみせ、重篤状況を脱したという。

 今後は都内の自宅で療養する一方、体調をみながら、ラジオ番組の収録や、20日に故郷の兵庫県で出演予定のシンポジウム出席などでの活動再開を目指す。

 勝谷氏は8月21日に公式HPの日記コラム「勝谷誠彦の××な日々」で腹部の激痛を訴え、翌22日、発行人の高橋茂氏が、勝谷氏が入院したことを明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス