文字サイズ

AKBじゃんけん大会「Fortune cherry」がV 目標「打倒・指原」

 AKB48グループの「ユニットじゃんけん大会」が23日、東京・蒲田の片柳アリーナで行われ、HKT48・松田祐実(16)とAKB48・多田京加(19)のドラフト3期生2人組ユニット「Fortune cherry」が優勝。12月19日に発売されるシングル(タイトル未定)でのメジャーデビューの権利を手にした。

 ブロック優勝ユニットの中に、歴代の総選挙選抜経験者が2人しかいないという究極の“フレッシュ対決”を勝ち抜いたのは、福井県出身の同郷コンビ。幼少時は「川で魚を捕まえてました」(松田)、「お父さんと、沢ガニを取りに行ったりしていた」(多田)という、自然に育まれた地元愛にあふれる2人だ。

 2人は、今年1月に行われたAKBグループの第3回ドラフト会議で指名された同期。それでも、ユニット結成前はほとんど交流はなかったという。松田が「共通点のある方がいなかったので、やっぱり福井かなと思って京加ちゃんを誘った」と即席コンビを組み、6連勝で一気に頂点に立った。

 ユニット名は、HKT48・指原莉乃(25)がセンターを務めた「恋するフォーチュンクッキー」を想起させるものに。後輩の松田は「『あっ、似てる』とは思いました」としつつ、「福井の方々の力もお借りして…、おこがましいけど、打倒・指原さんで」と笑顔。多田も「これからは、Fortune cherryの時代が来るかな」と冗談めかして胸を張った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス