文字サイズ

櫻井翔“朝活”スタイルになる 東京五輪までに生活転換「夜型を朝型に」

 嵐の櫻井翔(36)が23日、都内で、日本航空が東京五輪とその先に向けたスローガン「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」新CM発表会に出席した。

 「心ひとつに!!行こう2020」と描かれた機体の前に、紺のジャケット姿で登場すると、五輪話に花が咲いた。

 2008年の北京から18年の平昌まで夏冬6大会で日本テレビの五輪キャスターを経験した櫻井。1番の思い出に「最初の北京オリンピックですかね。北島康介選手の金メダル」と元競泳選手の北島康介氏(35)が2冠に輝き、「何も言えねえ」との名言を残した場面を挙げた。北島選手は同大会でアテネに続きV2も達成した。

 櫻井は「強烈に印象に残っている。忘れられない。初めて直に見たオリンピックで金メダルだった」と振り返った。

 自身が東京五輪までに達成したいことを問われると、「朝活」と即答。「夜型人間の櫻井を朝型に変える」と生活サイクルの転換を誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス