文字サイズ

キムタク さんま初プロデュースドラマに出た 自ら希望“友情コラボ”実現

舞台あいさつを行った(左から)ジミー大西、中尾明慶、六角慎司、村上ショージ=大阪市内
2枚

 元SMAPの俳優・木村拓哉(45)がNetflixのドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話」(20日配信スタート)にゲスト出演していることが14日、分かった。同日、大阪市内で「イッキ観試写会」が行われ、発表された。同ドラマはお笑いタレントの明石家さんま(63)が企画・プロデュースを務め、タレントのジミー大西(54)の半生を描いた。豪華コラボは2人の友情から実現した。

 紆余曲折あったさんま初プロデュースドラマを“さんタク”の友情で盛り上げる。

 関係者によると、木村の“友情出演”は、「さんまさんの初プロデュースドラマならぜひ」と木村たっての希望で実現したという。

 さんまの先輩芸人役を演じる。はっきり顔が分かる形での出演シーンは、俳優・玉山鉄二(38)演じるさんまとの掛け合い1シーンだけだが、その他複数のシーンにも後ろ姿などで登場している。

 木村と玉山の掛け合いシーンの撮影には、さんまもプロデューサーとして立ち会ったといい、笑いのシーンやアドリブのアイディアを出し合ったという。この日の試写会では、スクリーンに木村の姿が現れると、客席は「えー!」「おー!」と驚きと歓声に包まれた。

 試写会後には、舞台あいさつも行われ、ジミー役を務めた俳優の中尾明慶(30)らが登壇。中尾は「木村拓哉さんが来ることを知らされてなくて、芸人Aさんが来ると。でもさんまさんと同じ楽屋で、よく見ると雰囲気で木村さんかなと」と撮影を振り返った。

 同作は、さんま役は俳優の小出恵介(34)が務めていたが、不祥事のため降板し、玉山が起用され再撮影されていた。中尾は、再撮影の際に木村から、「大変だけど、頑張って」と激励されたことも明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス