文字サイズ

「マッハバロン」下塚誠さんが死去…64歳、がんが全身に転移

 特撮ドラマ「スーパーロボット マッハバロン」(1974~75年)で主人公・嵐田陽を演じた俳優の下塚誠(しもつか・まこと)さんが7日午前、神奈川県内の病院で亡くなっていたことが8日、分かった。64歳。通夜は15日午後6時から、葬儀・告別式は16日午前11時から、神奈川県相模原市南区上鶴間本町3の8の2「釈迦堂 暁心殿」で営まれる。喪主は娘の下塚智子(ともこ)さん。

 下塚さんは15年秋に咽頭がんを発症し手術を受けた。しかし翌年、がんは肺に転移。その時点で「末期」という診断を受けていた。

 その後は、自宅で療養を続けながら、経営する洋風居酒屋「レモンタイム」の店先に自ら立ち、笑顔で接客するなどしていた。しかし、がんは全身に転移し、今年の春ごろから体調が悪化。今月上旬に入院し、7日に家族にみとられながら息を引き取った。

 所属事務所によると、最後の仕事は17年に行われた「下塚誠を囲む会」。俳優としては16年6月に放送された千葉テレビの「越後怪談」シリーズのストーリーテラーが最後となった。

 下塚さんは兵庫県出身。「マッハ-」で脚光を浴び、その後はNHK銀河テレビ小説「昭和の青春シリーズ4早春の光」(77年)、映画「大空のサムライ」(76年)、「小説吉田学校」(83年)などに出演した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス