文字サイズ

篠原涼子、女優への転身きっかけは「小室哲哉さん」

 女優の篠原涼子が24日、フジテレビ系「ボクらの時代」に出演し、歌手から女優への転機となったエピソードを明かした。

 小室哲哉氏が手掛けた1994年のヒット曲「愛しさと せつなさと 心強さと」でダブルミリオンを記録するなど一世を風靡(ふうび)した篠原だが、その後は女優に転身。「アンフェア」「ハケンの品格」など人気ドラマに主演してきた。

 転身のきっかけについて、篠原は「歌はやりたかったんだけど、やっていても売れないし、自分の限度があった。小室哲哉さんの曲で売れていて、小室哲哉さんじゃなくなって、違うので歌い始めた時に、私じゃないんだ。小室哲哉さんで売れていたんだ。間違えましたって思った」と当時、音楽プロデューサーとして絶対的な地位を築いていた小室氏の影響の大きさに気づいたという。

 ここで一度はくじけた篠原だが、「だから歌ができないから、芝居に行きますという話ではなくて、たまたま、お芝居の話が来ていて。私、小心者だから、(田舎の)群馬に帰る勇気もなくて。もうちょっとここで頑張りたいなと、なんでもいいからやらせていただくという感じだった」と歌手業から演技に活動の幅を広げていき、現在の女優としての絶対的な地位を築いた。

 歌えない苦しさや、演技への挑戦については「あまり人に相談せず、若かったし、難しく考えずに済む天然さがあったので」と回想。歌については「いまではカラオケで歌っています」と笑顔で振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス