文字サイズ

竹原慎二 がんで膀胱摘出、腸で代用「尿意が全くない」

 ボクシングの元WBA世界ミドル級王者でタレントの竹原慎二(46)が10日、カンテレ「マルコポロリ!」に出演。4年前に膀胱(ぼうこう)がんでステージ4と診断され、膀胱を摘出し、小腸で代用する手術を受けたことについて語った。

 竹原は14年2月に膀胱がんと診断され、2カ月後に入院。抗がん剤治療の後、14年6月25日にがんに侵された膀胱の摘出手術を受けた。

 膀胱を摘出し、代わりに小腸で膀胱を作り(新膀胱)、身体に戻す手術。術後、数か月後には「徐々に(尿が新膀胱に)溜まるようになって、今じゃ500mlぐらい溜まるようになった」という。

 一方、代用の新膀胱では「尿意が全くない」と尿意をもよおすことがないことも明かした。そのため、3時間に1回など、自ら時間を決め、トイレに行き、排尿。ただ、通常の膀胱と違い、「普通にやっても(尿が)出ない。腹圧で(尿を)出さないと出ない。それがつらいです」と「腹圧」で尿を出すことを説明した。

 500mlぐらい尿を溜めることができるようになったとはいえ、その量を超えると、「腹圧で出し切れなくなる」といい、その場合、「自己導尿」といって、自らの手でカテーテルと呼ばれるストローのような管を尿道から入れて尿を出さなくてはならなくなる。「それがいやなので僕は自主的に(トイレに行くようにしている)」と話した。

 手術からまもなく4年。当初はステージ4で5年後生存確率が25%と宣告された竹原だが、その後、転移もなく、今は好きな酒も飲んでいるという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス