文字サイズ

TOKIO城島 山口のグループ復帰「ありえない」と拒絶 番組で生謝罪

 山口達也の記者会見を伝えるデイリースポーツ紙面
1枚拡大

 TOKIOのリーダー・城島茂が28日、キャスターを務めるテレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」(土曜、前6・00)に生出演。メンバーの山口達也が未成年への強制わいせつの疑いで書類送検された件を「被害に遭われた方、そしてご家族の皆様に対し、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 番組冒頭、スーツ姿でモニターの前に立った城島は「今回、TOKIOの山口達也が強制わいせつ罪で書類送検され、大変ご迷惑をおかけしました」と切り出した。被害者への謝罪を述べた後、「恥ずかしながら、この件を知ったのが、TOKIOのレギュラー番組がありまして、収録が終わった直後の、3日前。メディアを通じてご存じの皆様のほうが、先に知ったのではないかという、メンバー自身、私自身、山口本人から聞いていなかった。グループのリーダーとして恥ずかしい限りです」と、語った。

 その後、26日に行われた山口の謝罪会見の様子とともに、この一件を特集。スーツ姿の城島は終始、神妙な表情を浮かべながら「正直、この件に関しては、(本人の)自覚がない、何を考えているんだ。何をやっているんだろうな」と、怒りをにじませた。

 山口が、「もし待ってくれる場所、私の席がそこにあるのであれば、またTOKIOとしてやっていけたら」と語ったことに、城島は「『また戻って来れれば』ということを言っていたが、ありえない。ありえないですよ」と拒絶。「『彼らがどう思っているか』と言っていたが、テレビを通じて、言うことではない」と、厳しい表情を浮かべた。

 報道で知るまで何も相談なかったことを再度説明し、「『ほかの4人にこうなりました、申し訳ございません』と言うのが筋。そう思う。それも何も言わず、謝罪会見でその気持ちを吐露する。言ってしまうところに、(グループ結成から)30年やってきたのかと。本当に、裏切りですよね。30年連れ添ってきて、僕は筋を通す男だと思っていたが、彼が一番、筋を通していない」と、怒りが収まらなかった。

 事態を知ったのは報道があった25日。番組収録後、楽屋で着替えていた時に「変な空気」が流れたそうで「『どうした』ってなったときにマネジャーが『実は…』と」と、説明を受けたという。

 事態の発覚後、メンバー全員で話し合った機会はないとしながら、城島は国分太一、山口の3人で顔を合わせた時間が「ほんのちょっと」あったという。その時の様子を振り返り「涙が枯れ果てたような状況で、憔悴していた。国分くんに謝罪のようなものをしていたが、僕は一歩ひいて、あきれてました。ごめん、って言ってきましたけどね」と、突き放すように語った。

 そして、再び山口が会見でグループ復帰への意向を示したことを持ち出し、「(被害者へ)謝罪の念があれば、『戻ってきたい』なんて、言えないと思うんですよね。自分のおかしたことはどうするのか、考えていただかないと声をかける以前の問題」と、語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス