文字サイズ

石田純一、麻生大臣の発言に「デリケートさに欠ける」財務省セクハラ疑惑問題に

俳優の石田純一
1枚拡大

 俳優の石田純一が17日、文化放送「ニュースワイドSAKIDORI」に出演、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑について、麻生太郎財務大臣が被害者が出てこない限りセクハラを認定できないなどと発言したことを受け「デリケートさに欠ける意見」と疑問を呈した。

 一時は都知事選に立候補を考えた政治通の石田は、今回の財務省セクハラ問題についても思うところがあったようだ。麻生大臣のセクハラ被害者が出てこない限り認定できないという趣旨の発言には「デリケートさに欠ける意見で、被害者って、性の暴力に対してもそうですが、名乗り出られない心情的なことを男性も理解できないといけない」とコメント。

 また、被害女性記者に対応するのが財務省の顧問弁護士であることにも言及。「相手方を守ろうとする弁護士さんですから、わざわざ自分です、と行ってももみつぶされるかもしれないし、扱い的には良くないのは想像できる」とも訴え「相手は天下の財務省。これから取材とかも、情報がどこから出た、どこの記者と分かったら、相当なパワハラになっていく可能性だってある」と、女性記者が名乗り出た場合に見舞われる困難も予想した。

 また「敵の弁護士、向こう守ろうとするところに、自分のこと考えてくれる、その後の人生、記者できなくなるかもしれないんですよ?非常にフェアじゃない。大人げない。日本で一番頭いい人の集団、そこに楯突いただけでも大変なのに…」と思いを吐露していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス