文字サイズ

Kalafina脱退のKeiko 所属事務所を退社「音楽の旅を一生涯忘れません」

Kalafinaの(左から)Hikaru、Keiko、Wakana
1枚拡大

 女性3人組ユニット、Kalafinaを脱退したKeiko(年齢非公表)が、所属事務所「スペースクラフト」を退社したことが13日、分かった。ファンクラブサイトで正式に発表した。

 Keikoは「私、Keikoは2018年4月1日を持ちまして、長年お世話になりました株式会社スペースクラフトプロデュースとの契約が円満に終了したことをご報告致します。ご報告が遅くなり、ご心配をおかけしました事、心からお詫び申し上げます」と記した。

 ここまでの活動を振り返り「Kalafinaとして10年間、支えてくださった沢山の皆様、関係者の皆様がいてくださったからこそ、一歩一歩、丁寧に活動するこことができ、日本武道館に立つという夢が叶い、目標として10周年を迎えることができました。3人で心から追求したいと思う音楽に没頭することができたのは、支えてくださった皆さまのおかげです。音楽の力を信じて、海を越え、たくさんの笑顔を繋いで歩んだ“音楽の旅”を、私は一生涯忘れません」と感謝の思いを述べた。

 今後に向けては具体的なことは記さず。「一つの旅を終えたいま、皆様との歩みを心に留めながら、更に前へと進んで行けたらと思っております。Kalafinaとして10年間、支えて下さった全ての皆様に心から感謝しています」などとつづった。

 活動10年目を迎えた同ユニットでは、今月13日にファンサイトでメンバーのひとりが今月末に脱退すると発表。具体的な名前は明記されていなかったが、3月30日のイベントでは、Keikoがファンと対面し、「いっつもあったかい時間、ありがとうございました」と声を震わせて感謝のメッセージを送っていた。

 同ユニットでは同事務所に所属していたプロデューサーの梶浦由記氏が2月20日に退社。KalafinaメンバーであるWakana、Hikaruは残留して、活動を継続する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス