文字サイズ

阪神タイガース仕様の国語辞典、反響大きく重版

 三省堂国語辞典 阪神タイガース仕様
1枚拡大

 「阪神タイガース」仕様の国語辞典として話題を集めている「三省堂国語辞典 第七版 阪神タイガース仕様」(3000円、税別)が、28日の発売を前に2万部の重版が決まったことが26日、明らかになった。

 1月下旬に12球団で唯一、球団に特化した阪神バージョンの発売が発表されると、書店に注文が殺到。初刷り2万部に加えて、さらに2万部の重版が決定した。

 三省堂の事前受注では、兵庫県が15%、大阪府が25%とタイガースの“お膝元”で大きなシェアを占めている。また、熱烈な虎党が多い東京都でも受注は多いという。

 今回発売される“虎仕様国語辞典”のケースはホームのユニホーム(白地に黒)を模したタテジマ。本文の用例の一部も阪神仕様になっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス