文字サイズ

藤井五段 五輪に負けじと歴史作った!公式戦最年少優勝、史上初の中学生六段

 最年少棋士の藤井聡太五段(15)が17日、都内で行われた朝日杯将棋オープン戦で羽生善治竜王(47)らを破り、優勝を果たした。公式の一般棋戦を中学生が優勝するのは史上初。最年少優勝記録を更新し、同日付で六段へ昇段した。優勝を決め、会見に臨んだ藤井新六段は「(朝日杯への)初参加での優勝は望外の結果」と喜びを語った。

 また1つ快挙を成し遂げた。羽生竜王が「負けました」と投了した瞬間も藤井五段は表情1つ変えなかった。

 午前に行われた準決勝で「永世七冠」の資格を持つ羽生竜王と激突。藤井五段が先手となり序盤から仕掛けたが、終盤まで互角の展開だった。秒読みの中で羽生竜王の玉を中段に導くと冷静に逃げ道をふさぎ寄せきった。

 藤井五段は「最後の最後まで分からなかった。最後まで全力で指せたのが幸いしたと思います」と振り返った。「羽生先生と公式戦で対局するのは1つの夢」だったが一歩進んだ形。「勝利を収めることができて感無量です」と勝利をかみしめた。

 藤井五段にとって羽生竜王は「将棋を始めた時から大きな存在で憧れ」だった。昨年、28連勝を達成した際にも目標にしている棋士に名前を挙げていた。

 これまでは節目となる対局で、心境を問われても「特に意識はせず、平常心で臨みました」と回答することが多かった。しかし、この日は「対局が始まってからは集中して指すことができた」「ほどよい緊張感で臨めた」と特別な心境だったことを吐露。今後については「足りないものがとても多いと思う。日々精進して上を目指したい」と前を向いた。

 この日の“勝負メシ”は大会の協賛企業であるコンビニエンスストアチェーン「ローソン」のからあげ弁当と鶏ささみサラダ。ガッツリ系を選択し、勝利をつかんだ。関係者によると1日発売のチケット780席は即日完売。報道陣も45社約120人が詰めかけるフィーバーぶりで注目度はさらに高まりそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス