文字サイズ

林葉直子 肝硬変で死を覚悟

肝硬変で死を意識していることを明かした林葉直子
1枚拡大

 元女流棋士でタレントの林葉直子(46)が21日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」の取材に対し、重度のアルコール性肝硬変に侵され、死を覚悟していることを明かした。

 現在、故郷の福岡県で独り暮らししている林葉は8年前から肝硬変を患い、「口から血が出てきた」のが最初の症状だったという。そして今では「血小板が少なすぎてお腹がパンパン。肝不全に近いって言われました」。質問に答えるのもゆっくりとしていて、かつてキリッとした顔で将棋盤に向かっていたころの面影はない。

 治療法はなく、ただ薬を飲み続けるだけで、悪化すれば死に至るという。

 原因はお酒の飲み過ぎで、きっかけは29歳のとき、世間を騒がせた先輩棋士との不倫騒動だった。「ワイルドターキーを1日1本飲んで、死ぬんじゃないかと思った」という。

 今ではもう「ここまでなったらもうだめ。死んでもしようがないって感じかな」と死を迎える覚悟までできているように語る。

 それでも思い残すことはある。不倫相手との子を妊娠したことがあったが、彼に「誰の子?」と言われて堕ろした。「残念なのは産んどきゃな、って」。それだけが心残りだと、遠くを見つめる目で語った。

 林葉はまた、公式ブログを20日から移転させ、新たなブログタイトルを「最後の食卓」とした。19日に「ノンストップ!」の取材を受けたようで、そのことを記し「最初は手と足ぐらいしか出したくないって思ったんですが、せっかくだし『もういいか』と思って顔もOKしました」と取材時のやりとりを説明した。

 テレビ画面では林葉の顔が大写しになったが、やつれを隠すように化粧していた。ブログの背景には少女時代の写真を使い、記事も知り合いに頼んで口述筆記してもらっているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス