文字サイズ

レツゴー長作さん死去、74歳 肺がんで…16年3月から入院

 レツゴー長作さん
「レツゴー三匹」のじゅん、正児、長作(左から)
「レツゴー三匹」の(左から)レツゴーじゅんさん、レツゴー正児さん、レツゴー長作さん=1971年
レツゴー長作さん
4枚4枚

 漫才トリオ「レツゴー三匹」のメンバーとして一時代を築き、俳優・歌手としても活躍したタレント・レツゴー長作=本名・永原誠=さんが1日午後8時35分、肺がんのため、大阪市内の病院で亡くなった。74歳。岡山県妹尾町出身。所属の松竹芸能が4日、マスコミ各社にFAXで発表した。通夜、葬儀は親族のみで執り行った。故人の遺志により、お別れ会などは予定していないという。

 所属事務所によると、2016年3月末から入院していた。進行性がんと診断されており、完治の見込みはないと宣告されていたが、抗がん剤、放射線治療を受け、入退院を繰り返していた。昨年12月18日からは緩和ケアを受けていた。最期は息をするのがやっとという状態で、妻と長男、長女、次女の3人の子供に看取られ、息を引き取ったという。

 1964年、松竹新喜劇に入り、先代渋谷天外の弟子を務め、同年11月に初舞台。その後、タイヘイトリオ門下生となり、69年に「レツゴー三匹」を結成。レツゴーじゅんこと逢坂じゅん=本名・渡辺美二=さん(享年68)は、14年5月に脳出血のため亡くなっている。長作さんはこの時、「3人の中で一番若いじゅんが一番先にいってしまうなんて…」とコメントしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス