文字サイズ

花組新人公演『ポーの一族』 聖乃あすか堂々の初主演「ゴンドラが気持ちよかった」

花組新人公演「ポーの一族」で主人公エドガーを演じた聖乃あすかとヒロインの城妃美伶(左)=兵庫・宝塚大劇場
花組新人公演「ポーの一族」で主人公エドガーを演じた聖乃あすかとヒロインの城妃美伶(左)=兵庫・宝塚大劇場
2枚2枚

 宝塚歌劇団花組新人公演「ポーの一族」が23日、兵庫・宝塚大劇場で行われた、主人公のエドガーには、入団4年目となる100期生の聖乃あすかが初主演した。本役のトップスター明日海りおは、原作である萩尾望都氏の同名漫画から抜け出したような、永遠の美少年ぶりを見せている。だが聖乃も明日海とはまた違った圧倒的美貌で、登場からファンの目を釘付けに。原作が多くのファンを持つだけに、通常の作品以上に“外見”を問われるが、難なくクリアした。

 聖乃は「明日海さんのエドガーには果てしなく遠いけど、楽しむことができました」とホッとした様子を見せた。「(初舞台から7年目までの)新人公演メンバーだけでポーの世界観を出すのは難しかったけど、作品のテーマである愛を、皆さまから感じることができました」と感謝の気持ちを表した。また「最後のゴンドラのシーンは、自分の気持ちとリンクしてはいけないんですが、お客さまの近くにまで行き、気持ちよかった」と振り返った。

 ヒロインのシーラを演じた城妃美伶は、これまで多くのヒロインを務めてきただけに、下級生の聖乃をしっかりと支えた。本作で新人公演を卒業するため「最後にチリとなる場面で、自分の新人公演卒業と重ね合わせてジーンときました」と感無量の様子を見せた。

 東京宝塚劇場の新人公演は3月1日に行われる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス