文字サイズ

玉三郎、コミケを絶賛「ある種の歌舞伎ね」

「京丹後特別舞踊公演」をPRする坂東玉三郎=大阪市内
2枚

 歌舞伎俳優の坂東玉三郎(67)が19日、大阪市内で「京丹後特別舞踊公演」(5月19、20日、京都府丹後文化会館)の取材会を行い、「コミケ」を絶賛した。

 最近、偶然にお台場で「コミックマーケット」を初めて見かけたという玉三郎は「コミケって言うの?ある種の歌舞伎ね。とにかく私の印象はすごくよかった」と、衝撃を受けたことを明かした。何より驚いたのが、大勢のアニメなどのコスプレをした人たちだそうで、「若い人だけじゃなく、中年から高齢者にいたるまでいろんな扮装して歩いてるじゃない。こんなところからかぶき者って出てきたんじゃないかしらって思った」と、歌舞伎の発祥に重ね合わせた。

 初めてのコミケに魅了されたようで、「ネット上じゃなくて、ちょっと自分じゃない自分になって、人と触れ合うことが素晴らしい。すばらしいことだと思って。ビックリして…行きたいなって思った」とコミケデビューへ意欲を見せていた。

 「京丹後特別舞踊公演」は、過疎化に悩む丹後の活性化を目的に一昨年にスタートし、今年で3回目を迎える。今回は、口上のほか、地唄三題「雪」「葵の上」「鐘ヶ岬」を上演する予定で、「おととし初めてやってお客さんにたくさん来ていただいて、いい公演になりました。とにかく来ていただき、舞踊を見ていただきたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス