文字サイズ

欅坂46・平手友梨奈 右腕負傷で全治1カ月

欅坂46・平手友梨奈
1枚拡大

 アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈(16)が、右腕の上腕三頭筋損傷で全治1カ月と診断されたことが13日、わかった。グループの公式ホームページで発表された。平手の負傷により、今月31日と2月1日に予定されていた欅坂46の日本武道館公演は、けやき坂46の公演に変更されることもあわせて発表された。

 公式ホームページでは、平手の負傷に関し「右腕の痛みを訴え、上腕三頭筋損傷で全治1ヶ月の怪我と診断されました」と発表。「日本武道館公演への出演に向けて治療を続けてまいりましたが、万全のパフォーマンスが困難だと判断いたしました」とし、けやき46の公演に振り替えて実施することを明らかにした。

 平手は昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に出演した際、過呼吸に近い状態となり、今月8日に千葉・幕張メッセ、13、14日に愛知・ポートメッセ名古屋で予定されていた握手会をいずれも欠席していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス