文字サイズ

吉岡里帆 25歳誕生日に初主演ドラマへの決意表明

 女優の吉岡里帆(24)が13日、東京・赤坂のTBSで行われた同局系ドラマ「きみが心に棲みついた」(16日スタート。火曜、後10・00)の制作発表会見に登場し、“25歳の誓い”を披露した。

 吉岡はこの作品が連続ドラマ初主演。向井理(35)、桐谷健太(37)と一筋縄ではいかない三角関係を演じる。15日が25歳の誕生日とあってサプライズでバースデーケーキが贈られると「びっくりしました。こんなにたくさんの人にお祝いしてもらったのは初めてです。ありがとうございます」と感激の面持ち。

 さらに「25歳の抱負」を聞かれると「初の主演ドラマ。この作品にすべてをかけたいと思っています。猪突(ちょとつ)猛進、誠心誠意で向かって行きたいと思います。そして、この座組を大事にしたいと思います」と決意表明した。

 吉岡は緊張のあまり「出発前におなかが痛くなった」というほどだったが、現場では向井、桐谷らの共演者に助けられたという。「お二人との共演は勉強させていただくことが多かったです。体当たりのシーンが多かったのですが、サポートしていただきました。本当に優しいんです。これだけの人に助けてもらえるのは、主演ならではの感情でした」と明かした。

 さらに吉岡はムロツヨシ(41)との不思議な縁についても「初めてヒロインを演じた映画などでムロさんが一緒だったんです。ムロさんが(私の)分岐点に立っているんですよ。メチャクチャ運命感じます」と披露した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス