文字サイズ

高知東生氏、高島との復縁説に「そんなみっともないことしない」 盟友が明かす

 Vシネマなどで活躍する俳優の岡崎二朗が21日、フジテレビ系「ノンストップ!」で昨年9月に覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕、起訴され有罪判決を受けた元俳優の高知東生氏の現状について語った。岡崎は現在、高知を支えているといい、一部で流れた元妻・高島礼子との復縁については、「そんなみっともないことはしない」などと語っていることを明かした。

 岡崎は高知とは10年前の任侠映画で共演して以来、公私ともに仲良くしてきたという。現在の高知氏について、経営するエステ店が事件の影響で客が減り、高知氏自身が「実はもう、やっていけない」「潔く閉めようと思っている」と語り、閉店せざるを得ない状況に陥っていると説明。高知氏は現在も「自分はまだ犯罪者だと思っています。なんてバカなことをやったんだと」と反省の日々を過ごしていると明かしているという。

 一部では元妻の高島との復縁説も流れたが、岡崎は「今でも大好きだと思いますよ。だけど、その寂しい気持ちをグッと抑えてね」と高知氏の心境を代弁。そして高知氏が「会わないと決めて別れたから、もう一回呼んで仲良くしようと、そんなみっともないことを私はしませんと。『離婚届を書くときは辛かっただろう?』と聞いたら、多くは語らなかったが『はい』と…」と、高知氏の言葉を紹介した。

 エステ店も閉店する予定となり、岡崎はプロデューサーや監督たちに、高知氏を映画などに出らるように働きかけたようだが「いろいろ当たってみました。でも思いのほか厳しい」と、復帰は簡単ではないと実感している様子。だが、岡崎のイベントで1度高知氏に歌ってもらったことでその歌声にほれこんだ様子。「CDでも出せば?と。芸能界の中で高知という名前を生かせる場所、生きていく道として出来るんじゃないか」と歌手デビューという仰天プランもぶち上げていた。

 高知氏自身は「外にも出たがらない。大きな罪を犯して、その風当たりの思った以上の強さに参っちゃってる。芸能界に戻る自信もなければ、歌手になる自信もない」とあまり積極的ではない様子。「呼ばれた所にありがたく行かせて頂く。そして一生懸命歌わせて頂く」と話しているという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス