文字サイズ

JUMP山田、6年ぶり痛快コメディー 日テレ系1月期連続ドラマ主演

 Hey! Say! JUMPの山田涼介(24)が日本テレビ系1月期連続ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」(土曜、後10・00)に主演することが5日、分かった。6年ぶりのコメディーで、東大卒エリート3きょうだいの次男、エリート警察官を演じる。長女役の女優・波瑠(26)が敏腕弁護士、長男役の俳優・小澤征悦(43)が天才医師役。ドラマの人気三大職業に就く3人が家族のトラブルを全力で解決する。

 ドラマは東大卒の北沢家エリート3きょうだいが一家の安泰を脅かす事件のみを解決する痛快コメディー。エリート感が若干足りない末っ子警察官の秀作(山田)、「美」と「知」を兼ね備え一家の頭脳となる敏腕弁護士の長女・千晶、天才心臓外科医の長男・博文(小澤)による、バカバカしくも美しい家族愛を描く。

 山田は16年10月期のフジテレビ系月9「カインとアベル」以来、1年3カ月ぶりのドラマ主演。コメディーは12年1月期の日テレ系「理想の息子」以来、6年ぶりで、「久しぶりのコメディー。わいわい楽しみながら真剣に取り組んで楽しく笑ってもらえるドラマにしていければ」と意気込んでいる。

 波瑠とは15年の映画「グラスホッパー」以来、3年ぶりの共演。山田は「今回は強いお姉さんという違った役を見られるのが楽しみ」。初共演の小澤とは、「お会いして顔が似ていることに気付きました」と兄弟役への手応えも感じている。

 一方、波瑠は「演じながら笑ってしまうのではないかと心配」と、台本の面白さに太鼓判。3きょうだいの父親役の俳優・中村梅雀(61)も含む豪華布陣に、小澤は「すごい化学反応が起こる」と期待を寄せた。

 刑事、医者はテレ朝系「相棒」「ドクターX」、弁護士はフジテレビ系「リーガル・ハイ」などドラマ好視聴率の職種が合体した同作。来年のドラマの話題を独占しそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス