文字サイズ

カンニング竹山「プライドはないのか!」 上西リポーター登場にピシャリ

 お笑い芸人のカンニング竹山が23日、TBS系「ビビット」で、上西小百合氏が選挙リポートを行ったことに「この番組はメディアとしてのプライドはないのか!」と言い放った。

 番組では、元衆院議員の上西氏に選挙リポートを依頼。上西氏は「ビビット」と入ったマイクを手に「これを持つのに憧れていた」などワクワク感全開で、豊田真由子議員の選挙区へ乗り込んだ。

 上西氏は「私も豊田さんと同じように二回選挙経験しているので、両方の立場の気持ちを織り交ぜながら、新しい目線でリポートできればいいなと思ってます」と豊田候補の最終日の様子を追いかけた。途中、豊田候補が食べたというそば店での食リポにも挑戦。「そばの香りがする。本格的でしっかりしていて美味しいです」などとコメント。途中には豊田候補が上西氏にかけより、あいさつするシーンもあった。

 上西氏は最後にマイクを路上に起き、去って行くという、山口百恵さん引退のような演出も見せて初リポートを締めくくったが、これにMCの国分太一は「もう戻って来ないってことですかね」とチクリ。

 竹山は「なんのVTRだったんですか」とぶ然とすると「この番組はメディアとしてのプライドはないのか!」とピシャリ。「こういうのはサンジャポがやるからいいんだよ」と日曜日のサンデージャポンの名前を挙げて、今回のリポートに首を傾げていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス