文字サイズ

新庄剛志氏「顔に飽きて」ひらめきで整形…エラ削り、目を整形

 阪神などで活躍した元プロ野球選手の新庄剛志氏(45)が27日、日本テレビ系で放送される「今夜くらべてみました」に出演。「顔に飽きて」と突然、整形したことを仰天告白した。

 現役引退後、インドネシア・バリ島に移住している新庄氏。スタジオに登場すると「僕、顔変わりましたよね?変わったの!」と笑顔で切り出した。MCの後藤輝基が「整形されてるの?」と驚くと、「そうそうそう!」と真っ白な歯を見せてにっこり。「100万円以内で、好きに変えてください、って言ったの」と“お得意”の突然のひらめきで変えたことを明かした。

 もともと、「めっちゃ変えたかったんです、顔」という新庄氏。「なんせ、(自分の顔に)飽きて。顔変えたら、もっと自分の才能あるんじゃないか、って思って」と思いつき、テレビの収録後に、美容整形にふらりと立ち寄ったという。

 新庄氏といえば、アゴの張りである“エラ”も特徴的だったが、「エラを削って、目を切って、糸入れて…」とエラも削り、目も整形したことを告白。「ここ(あごの下あたり)をバーッって切って、ここ(顔の皮膚?)ベローンとめくって、(おでこの上あたりで)ホチキスで留めて…」と具体的な施術を説明。

 サングラスをとると、二重の目がよりはっきりし、少し大きくなったような感じもあった。共演の出川哲朗は驚きながらも、「エラを削ったのは分かる」とうなずいていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス